上大類病院 > お知らせ

新着情報

新型コロナウィルス感染症対策に係る外来患者様へのお願い。

新型コロナウィルス感染対策により、来院者様全員に正面玄関にて「検温」をお願いしております。また、来院時は不織布マスクの着用をお願いいたします。

以下の症状に該当する方来院前又はお車から当院へ電話連絡していただき
ご案内をいたします。(☎ 027-322-1019 )
〇小児科受診の方(健診・予防接種を除く)
 ※症状問わず、お車からご連絡ください
〇平熱より1℃以上高い発熱が続いている
〇風邪の症状の方

2~4週間以内の全身倦怠感、筋肉痛、下痢、嘔吐、鼻汁、咽頭痛、咳・痰、発熱、味覚・嗅覚障害、のある方

上大類病院だより創刊号!!

上大類病院だよりを定期的(4回/年)に発行することとしました。
令和3年6月より入院病棟で地域包括ケア病床を開始しましたので、
その内容を含め上大類病院の特色をご紹介させていただこうと考えています。

内容をご覧いただき、当院の雰囲気を感じていただけるような
“上大類病院だより”にしたいと思っています。

Vol.01

 創刊号を発行しました。
  Vol.01 テーマ:上大類病院が変わった
         病棟のリハビリ開始の紹介をしています。     
         資料は
こちらから。

ご相談は以下の相談窓口にご連絡をお願いいたします。
 相談窓口:地域医療連携室 小島・青木・関口
 電話番号:027-352-1019

診療時間更新:診療時間〈2021年11月〉のお知らせ

2021年11月の診療時間を更新しました。
診療時間・休診日につきましては、休診のお知らせをご欄ください。

診療時間〈2021年10月〉のお知らせ

2021年10月の診療時間を更新しました。
診療時間・休診日につきましては、休診のお知らせをご欄ください。

診療時間〈2021年9月〉のお知らせ

2021年9月の診療時間を更新しました。
診療時間・休診日につきましては、休診のお知らせをご欄ください。

地域包括ケア病床スタート!!

令和3年6月1日より入院病棟で地域包括ケア病床がスタートしました。
入院相談からリハビリの実施、ご自宅に戻る支援を強化しました。
介護保険の有無に関わらず入院可能です。
以下のような内容にご利用いただけます。
・ご家族の介護の軽減、施設待機といったレスパイト入院をしたい。
・入院治療で病状は改善したが、もう少し入院治療を続けたい。
・在宅復帰に向けてリハビリテーションを受けたい。
・在宅復帰や介護施設での療養に準備する期間を入院したい。
資料はこちらです。
ぜひご相談ください。

相談窓口:地域医療連携室 小島・青木・関口
電話番号:027-352-1019

面会制限について

新型コロナウイルス感染防止のため面会制限をさせていただきます。

タブレット面会を行っています。
ご希望の方は事前に電話予約(027-352-1019)をお願いします。

患者様の状況(ターミナル・急変など)に応じて医師の許可がおりた場合は人数を制限して面会を許可しています。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力お願いいたします。

上大類病院 理事長

漢方外来休止のお知らせ

当院を受診される患者様へ

いつも、当院をご利用いただきありがとうございます。
さて、令和3年3月をもって漢方外来の原田直之医師が退職することとなりました。
したがいまして、令和3年4月以降の漢方外来を休止とさせていただきます。
これまで、当科を信頼し、治療を継続されてきた患者様に対して、多大なご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご承知おきくださいますようお願い申し上げます。

令和3年3月31日
医療法人 十薬会
上大類病院 理事長

インフルエンザ予防接種についてのお知らせ

【受付にてご予約をお願いいたします】

《予防接種料金》

・1回 3,600 円(税込)
・群馬県内在住65歳以上の方は無料(12月31日まで)
 ※今年度(コロナウィルスの関係より)は自己負担分を群馬県が負担

《予防接種開始日》

内科:10月1日(木)より
小児科:10月19日(月)より

《小児科予防接種の回数について》

・6ヶ月~8歳で、前年度未接種者は4Wあけて2 回、前年度接種者は1回
・9歳以上は1回接種 ※いずれも医師相談によって回数変更あり

※また、ワクチンの入荷状況によっては、予定通りに接種出来ないこともありますので、ご理解とご協力の程、宜しくお願い致します。

『新型コロナウイルスに負けないために』ご家族向けリーフレット(一般編)

国立研究開発法人 国立成育医療研究センターが「新型コロナウイルスと子どものストレスについて」のページを公開しています。

ストレスによって、子どもたちにどのような反応が出てくるのか、大人がどう子どもたちと向き合い、どのような距離を取ればいいのか、わかりやすくまとめてありますので、是非ご参考になさってください。

→新型コロナウイルスと子どものストレスについて
 国立研究開発法人 国立成育医療研究センター作成